ウォーターサーバーで調乳してもいいのか?

待ち望んだ赤ちゃんが生まれ、毎日の育児に追われる生活は忙しくも嬉しさで溢れているかと思いますが、それでも何とかならないかと思うようなこともありますよね。
特に、生まれたばかりの赤ちゃんは3時間おきにミルクをあげなくてはならず、母乳をあげているお母さんならまだしも、都度粉ミルクを調乳している方は本当に大変だと思います。

調乳をご存じない方に簡単にお話しすると、調乳とは粉ミルクを70度以上のお湯に溶かし、そのあと、赤ちゃんが飲みやすいひと肌まで冷ますことを指します。
粉ミルクを一度70度以上の熱湯で溶かすのにはちゃんと理由があり、粉ミルクに含まれている可能性がある菌を熱消毒するためで、大切な赤ちゃんを守るために欠かせない手間なんですよ。

ところで、調乳をするのに便利な器具として調乳ポットというものがあります。
調乳ポットにもいろいろありますが、電子レンジで沸騰させたお湯の入ったポットを70℃でキープする保温ポットである製品が多いようです。
これなら一度お湯を作れば、しばらくお湯を作る必要がなくなるので、粉ミルクを作る手間が省けます。

一方で、ウォーターサーバーにも給湯機能があり、常時80℃から90℃のお湯を供給できます。
給湯ポットのように温度が一定というわけではありませんが、粉ミルクを殺菌するのに十分な温度のお湯が手に入ります。
調乳用として考えた場合、やはり専用品である調乳ポットのほうが、温度が一定なので冷ます時間が一定となり、調乳しやすいですが、お水を買いに行く手間や一度お湯を沸かす手間がないウォーターサーバーも捨てがたいものがあります。

どちらを選択するかは個人個人で便利だと感じる方で良いと思いますが、もしウォーターサーバーを選択いただけたら、1点だけ注意してほしいことがあります。

ウォーターサーバーは冷水も出るので、熱湯で溶かした粉ミルクに冷水を加えて温度調整したいと考えることがあるかと思うのですが、それはできるだけ避けてください。
なぜなら、冷水を足すことを前提とするのでその分熱湯の量が減り、十分な殺菌が行えない可能性があるからです。
ウォーターサーバーを使う場合でも、調乳ポットを使う場合でも、粉ミルクの温度調整は冷水にさらして冷ますようにしてください。

この記事を読んでウォーターサーバーを上手に使って調乳するコツをわかっていただければ幸いです。
頑張っているお母さんの子育ての負担が少しでも軽くなって、育児に前向きでいられるよう願ってます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ