ウォーターサーバーの安全性についての考察

水道水の安全性に疑問を感じてウォーターサーバーの利用を検討されている方も多いかと思います。
しかし、ウォーターサーバーの安全性はどうなのかということについて、ちゃんとわかっている方は少ないのではないでしょうか。
そこで今回は、ウォーターサーバーの安全性について、少し考えてみましょう。

ウォーターサーバーの水は天然水を用いていたり、水道水をろ過したものを用いていたり様々なミネラルウォーターを採用しているのですが、水道水との決定的な違いは水をボトルに詰めていることであり、いったん安全な水をボトルに詰めてしまえば、その後水質が変わることはほぼないということです。
さらに当サイトで紹介しているウォーターサーバーは定期的に水質検査を行っており、結果も公表されていることを考えると安全性には不安はないと言って間違いありませんが、ほかのいくつかのウォーターサーバーでは水質検査が十分でないことがあるので気を付けてください。

また、ウォーターサーバーは自宅にサーバーがあるという性質上、ある程度ご自身でメンテナンスをしないと水質が低下してしまう可能性があるということも忘れないで下さい。
といってもさほど難しいことをする必要はなく、定期的な清掃を心がけておくだけでいいんです。
ウォーターサーバーが清潔な状態を保っていれば、そこから出てくるミネラルウォーターも安全なまま飲むことができますので、忘れることなく掃除をしてあげてください。

さらに、ウォーターサーバーの特徴の一つとして、冷水と温水をいつでも飲めることがあげられますが、この温水の蛇口を子供が触ることによる火傷の事故が報告されているようです。
東京都の発表によると、温水の蛇口のチャイルドロックを3歳児でも外してしまったということなので、チャイルドロックがついているから安心というわけではなく、お子様の手の届かない高さになっているウォーターサーバーを選択するということも考えてあげてください。
もちろん、お子様に対して日ごろから危ないので触らないようにしつけをしておくことも忘れないでくださいね。

以上、ウォーターサーバーの安全性について考察してみました。
「色々と気をつけないといけないんだ」「面倒そうだな」と感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか。
でもご安心ください。
当サイトで紹介しているような大手のウォーターサーバーであれば、安全性は十分考慮されており、安心して使うことができますので、ぜひご検討ください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ