ウォーターサーバーの電気代について

ウォーターサーバーを1ヶ月使用した場合にかかる電気代は概ね1,000円程度となっているようです。
当サイトで紹介している各社のHPを見てみると、フレシャスのウォーターサーバーで約700円/月(最新の「dewo」なら最大で330円/月まで節約することが可能)となっていますし、アクアクララは550円/月ぐらいから利用可能、、そのほかのウォーターサーバーもおおむね1000円/月ぐらいの電気代で利用できるようです。

では、ウォーターサーバーを設置した場合にかかる電気代を節約モードなしで利用して月額1,000円だとして、この電気代が安いのかどうか検証してみましょう。
ウォーターサーバーは冷水とお湯が出るので、ウォーターサーバーを使わずに冷水とお湯を得るためにかかる電気代を計算して、比較してみます。

まず、お湯を得るために電気ポットを使った場合、一般的な電気ポットでは朝と夕方にお湯を沸かして、保温するとすると、お湯を沸かすための電気代が12円/日、保温するための電気代が18円/日くらいなので、1日あたりの電気代は30円、月にすると900円というところですね。
次に冷水ですが、水を冷やして保存する冷蔵庫は他のものも入っているので、電気代の一部と冷蔵庫の開閉でかかる電気代を冷水を飲むために必要な電気代として計算すると、1日あたり3円程度、1ヶ月で約90円というところでしょう。

つまり、温水と冷水を足して990円となるので、これはウォーターサーバーの電気代とほぼ同じということになります。
省エネモードを利用できるフレシャスなどのウォーターサーバーなら、若干電気代は安く済みますが、それ以外はどっこいどっこいということなので、電気代に限って言えば、ウォーターサーバーにした方がお徳ということは言い切れませんね。
しかし、逆に言うと、ウォーターサーバーは他の方法に比べて電気代が掛かるということでは無いということもはっきりしました。

ウォーターサーバーを使うと、「ミネラルウォーターを買いに行かなくていい」、「お湯を沸かす時間を待つ必要が無い」といったメリットを享受できるわけですが、これを追加の電気代の負担なしに受けられると考えると、かなりお得な感じがしませんか?
とはいうものの、少しでも電気代の安いウォーターサーバーを使いたいという方は、当サイトで電気代が安いウォーターサーバーランキングをご紹介していますので、是非ご活用ください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ