ウォーターサーバー衛生面についてお話ししましょう

ウォーターサーバーの利用に二の足を踏んでいる方の中には、ウォーターサーバーの衛生面を気にしている方もいるのではないでしょうか?
そんな方のために、今回はウォーターサーバーの衛生面について考察してみましょう。

ウォーターサーバーの衛生面について考える際のポイントは主に2つです。

まず1つめは、ウォーターサーバーのボトルタイプによる衛生面の差異についてお話ししましょう。
ウォーターサーバーのウォーターボトルの提供方式としてリターナブル方式とワンウェイ方式の2つの方式があります。
リターナブル方式とはミネラルウォーターを再利用可能なガロンボトルで提供し、使い終わったボトルは回収して再利用します。
一方、ワンウェイ方式は水は減るたびにボトルがつぶれていき、使い終わったボトルは家庭ごみとして処分することになります。
この2方式には一長一短がああるわけですが、衛生面から比較した場合、リスクが高いのはガロンボトルを使うリターナブル方式の方です。

ガロンボトルは水を使用してもつぶれないため、空いたスペースには空気(外気)が入ります。
そのため、ガロンボトルを使いきるまでの期間が長かった場合、ボトル内の水が外気にさらされ、外気と一緒に入ってきた雑菌が繁殖してしまうという可能性が高くなります。
もちろん、水を短期間で使い切った場合や、ウォーターサーバーにもフィルターが付いているので、そう簡単に雑菌が繁殖することはないとは思いますが、可能性がないということは言えません。

一方、ワンウェイ方式の場合、ボトルは水が減るとともにつぶれていくので、構造上空気が入り込まず、雑菌が繁殖する可能性はゼロと言っていいでしょう。
その証拠に、リターナブル方式のウォーターサーバーは定期的にメーカのメンテナンスが必要ですが、ワンウェイ方式のウォーターサーバーはメンテナンスフリーのものがほとんどです。

つぎに2つめですが、ウォーターサーバーの蛇口周辺など、人の手が触れたり、食品が触れてしまう可能性がある部分の衛生面についてです。
ウォーターサーバーはついつい何もせず使い続けてしまいがちですが、特に蛇口周辺は人の手が触れたり、食品の入った食器にお湯を注ぐときに飛び跳ねた滴が付着したり、雑菌が繁殖するリスクがあるものなのです。
したがって、ウォーターサーバーの利用については、日々のお手入れが欠かせないものだと言えるでしょう。

とはいっても、それほど面倒なことをする必要はありません。
綺麗な布巾やキッチンペーパーを使い、アルコール系の消毒洗剤を使ってさっとふき取るくらい、それも面倒という方はアルコールを含んだでいるウェットティッシュを使ってふき取るのがいいでしょう。
以上のことから、衛生面を気にされる方はワンウェイ方式のウォーターサーバーを使って、日々お手入れを欠かさないようにして使えば安心でしょう。
ちなみに、当サイトでおススメしているウォーターサーバーの中でワンウェイ方式のウォーターサーバーといえばフレシャスです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ