世帯人数に別にみるウォーターサーバーの利用割合

ウォーターサーバーを部屋に置いている家というと、4人家族くらいの世帯をイメージされる方も多いと思いますが、実際にアンケート等で調べてみると、実はそうでもないということがわかりました。
あるアンケートによるとウォーターサーバーを最も利用している世帯人数は2人だそうで、全体の29%を占めるそうです。
次いで、3人世帯が26%、4人世帯が24%、1人世帯が12%ということでした。
意外に感じる方も多いと思いますが、2人以下の世帯で利用者全体の41%を占めており、決して人数が多く、使用する水の量が多い世帯だけがウォーターサーバーを利用しているわけではないということがわかります。

2人世帯が一番多いというのは、恐らく新婚さんが新しい住まいに住み始めるのを機に冷蔵庫などの家電を揃えるのと同時にウォーターサーバーを置いたり、子供が独立して2人住まいになった夫婦が、重い水を運ぶのが大変になって、ウォーターサーバーを利用し始めるといったことが、ウォーターサーバーを利用するきっかけとして最も多いケースだからだと考えられます。
これは家電量販店でもウォーターサーバーの取り扱いを始めるなど、販売チャネルの広がりが背景にあるようにも思えます。
3人以上の世帯の場合は、子供が出来たのを機にミルクを作る際に使う水や料理に使う水の安全性に関心を持つようになったというようなことが考えられますね。
1人世帯だと、ミネラルウォーターを買ってくるのが重くて大変だと感じたり、健康に関心の高い人が、ウォーターサーバーを利用していることが考えられます。

このアンケートからわかることは、どんな人数の世帯であっても、ウォーターサーバーには利用する価値があるということです。
そして、それを裏付けるように、各世帯の利用割合は、1人世帯こそ他の世帯の半分ほどと少ないものの、2~4人の世帯ではほとんど差がありません。
今、ご自身の世帯人数が何人であっても、それを理由にウォーターサーバーを使う必要がないということは、言えないということがわかっていただけたのではないでしょうか。

ぜひ、ウォーターサーバーに興味があって、使ってみたいと考えている方は、当サイトのランキングを参考に、ご自身にピッタリのウォーターサーバーを見つけて頂き、使ってみて欲しいと思います。
どのウォーターサーバーを使うことになったとしても、ご自身の生活に「あって良かった」と思える価値が見出せるはずです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ