天然水とRO水、どっちを選ぶ?

ウォーターサーバーで利用できるミネラルウォーターには主に「天然水」と「RO水」の2種類があります。
ウォーターサーバーを選ぶ際にどのようなミネラルウォーターが飲めるのかというのは重要な指標となりますが、果たして「天然水」「RO水」の違い、それぞれの良いところ、悪いところを理解できているでしょうか?
今回は、「天然水」「RO水」の特徴や比較をご紹介しますので、ウォーターサーバー選びの参考にしてください。

天然水とは

ろ過、沈殿及び加熱殺菌以外の物理的・化学的処理を行っていない、特定水源より採水された地下水のことを「天然水」といいます。
自然にある岩石によって何年もかけてろ過されているため、ミネラル成分が豊富なことが特徴で、地域によって岩石の性質が異なるため、天然水も地域ごとに含有ミネラルに違いがあり、それが地域独特の味になります。
日本国内だけで、何百種類という天然水が販売されているくらい、日本は天然水が豊富な国ですが、「天然」とはいうものの、そのままボトリングして販売しているわけではなく、ろ過・加熱殺菌等の処理を行って安全性は確保されています。

RO水とは

RO水のROとは「Reverse Osmosis」の略で、「逆浸透」という意味です。
つまり、RO水というのは浸透圧とは逆の大きな圧力をかけることで「逆浸透」を起こさせる膜(RO膜)を利用してろ過を行った水のことを指します。

RO膜は0.0001ミクロンの超微細孔のフィルターなので、水分子以外のほとんどの物質をからめとることが出来るので、RO膜を通した水はほとんど不純物を含まない純水になります。
しかし、純水のままでは、湯冷ましのような感じで決して美味しい水ではないので、人工的にミネラル分を添加したものがRO水として世に出ているようです。

天然水とRO水の比較

天然水は採水地や採水時期によって含有ミネラルがちょっとづつ違ってきますが、RO水は添加するミネラルを意図的に変えない限り常に同じものが作り出されます。
行ってみれば、天然水は「アナログ音源」、RO水は「デジタル音源」といったところでしょうか。
また、天然水は採水地付近に工場を作らなければならないため、採水コストが上がり水の値段も高くなりがちですが、RO水は一旦純水にするため、使用する水は水道水でもなんでもいいため、採水コストは低く、水の値段は天然水よりも安くなる傾向があります。
一般的には天然水の方が味がなめらかで美味しいと感じる方が多く、RO水については「安全性が高い」という視点で選ばれることが多いようですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ