硬水と軟水の違いって?

日本で発売されているウォーターサーバーで飲むことが出来るミネラルウォーターはほとんどが軟水と呼ばれるものです。
それは、日本で採取することが出来る天然水がほぼ軟水であるためで、天然水をそのままボトリングしているフレシャスなどのウォーターサーバーはもちろん、RO水と呼ばれるろ過した水にミネラル分を加えた水をボトリングしているアクアクララのようなウォーターサーバーも日本人がいつも飲み慣れている軟水に硬度を合わせているからです。

それではここで、一度軟水について、硬水と比較しながら特徴などをまとめておきたいと思います。

軟水 硬水
硬度 日本:100mg/L未満
WHO:120mg/L未満
日本:100mg/L以上
WHO:120mg/L以上
口当たり 柔らかい・さっぱり 硬い・しっかり
料理 水で直接煮炊きする 水ではなくスープストックなどで煮炊きする
洗浄 石鹸が良く泡立つ 石鹸の泡立ちが悪い

ここで言う硬度というのは水に含まれるカルシウムとマグネシウムの量によって決まりますが、他にも様々なミネラル分が水には含まれていて、それが各ミネラルウォーターの特徴となります。
日本では軟水が多いですが欧米では硬水が多いというように地域によって水の硬度に差異が出るのは、地質の違いや、雨が降り地表を通って湧き出るまでの期間の長さが違うからで、比較的山の高さが低い日本では短く、高い欧米では長くなります。
長い方が地表に含まれるミネラル分がたくさん水に溶け込むため、欧米の水は硬水になりやすいんですね。

また、硬度が低い軟水が多い日本のような国では農耕が盛んになり、足りないミネラルを育てた野菜から摂るような生活習慣となり、硬度の高い硬水を飲んでいる地域では狩猟や放牧などによって肉食中心となる傾向がみられます。
つまり、日本人は食の欧米化によって肉食中心となるとミネラル分などが不足しがちになるんだということを覚えておく必要があります。

さらに軟水は料理に向いているということから、軟水を飲む地域では水を使った調理方法である、「煮る」「炊く」ことで作られた料理が多種多様に存在し、硬水地域では逆に水を使わない「焼く」ことで作られた料理や、水ではなくスープやワインなどで煮込む料理が多くなる傾向があります。

日本の方でもダイエットをしている女性を中心に、ミネラル補給やマグネシウムによるお通じの改善などを期待して硬水を飲まれている方が多いようですが、飲み慣れない硬水を大量に飲むと胃腸を壊したり、下痢をしたりすることがあるので、注意してくださいね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ