放射性物質の検査をしているのはどこ?

東日本大震災で福島第一原発が事故を起こし、放射性物質の危険性について多くの人が気にするようになりました。
水についても河川や水道水に放射性物質が溶け込んでいるのではないかという、疑問をお持ちの方もいらっしゃいますし、それを裏付けるニュースも報道されていましたね。

そんな中、安全な水を求めてウォーターサーバーを利用する方も増えていますし、メーカーも消費者のニーズに応えるべく、放射性物質の検査を定期的に行っています。
当サイトで紹介しているウォーターサーバーの中では、「うるのん」が月に2回から5回と最も頻繁に放射性物質の検査結果を報告しており、次いで「フレシャス」「アルピナ」「クリクラ」が毎月1回、定期的に放射性物質の検査結果を公表していますね。
「アクアクララ」も放射性物質の検査結果を公開していますが、Webサイトを見る限り、他のウォーターサーバーほど頻繁には行っていないようです。

これまで放射性物質が検出されたことはないので、ウォーターサーバーの水は安心して飲んで大丈夫ですが、どうしても不安があるという方は、頻繁に検査結果を公表してくれるウォーターサーバーを使用することで、万が一の事態にも対処できるようにしておくことをおススメします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ