ミネラルウォーターの定義とは

ウォーターサーバーはミネラルウォーターをいつでも飲めるようにすることが主目的ですが、そもそもミネラルウォーターとはどういう水のことをいうのかわかりますでしょうか?
実はミネラルウォーターの定義については、国によって基準が違っているのが現状なので、今回は日本におけるミネラルウォーターについてお話をすることにします。

日本では、農林水産省によってミネラルウォーター類の品質表示ガイドラインというものが定められており、『地下水などのうち飲用適の水(カルシウム、マグネシウムなど(硬度)及びpH値を除き、水道法第4条に適合する水をいう)を容器に詰めたもの(炭酸飲料の日本農林規格(昭和49年6月27日農林省告示第567号)に規定する炭酸飲料を除く)。これを「ミネラルウォーター類」という。』と規定されています。
これに基づき日本では主に次の4種類にミネラルウォーターを分類しています。

  1. ナチュラルウォーター
    特定の水源から採水された地下水を原水とし、沈殿、濾過、加熱殺菌以外の物理的・化学的処理を行わないもの。
  2. ナチュラルミネラルウォーター
    ナチュラルウォーターのうち鉱化された地下水(地表から浸透し、地下を移動中又は地下に滞留中に地層中の無機塩類が溶解した地下水(天然の二酸化炭素が溶解し、発泡性を有する地下水を含む)をいう)を原水としたもの。
  3. ミネラルウォーター
    ナチュラルミネラルウォーターを原水とし、品質を安定させる目的などのためにミネラル調整、ばっ気、複数の水源から採水したナチュラルミネラルウォーターの混合などが行われているもの。
  4. 飲用水、ボトルドウォーター
    ナチュラルウォーター、ナチュラルミネラルウォーター及びミネラルウォーター以外のもの。

日本においてはミネラルウォーターの安全性を担保するため加熱殺菌などを行うことを前提とした分類としているのが特徴で、これはヨーロッパのように健康効果を担保するために「殺菌処理を禁止」しているのとは全く逆となります。
基準の良し悪しについてはここでお話はしませんが、この基準に基づくと、当サイトで紹介しているウォーターサーバーのうち、ランキング1位のフレシャス、5位のプレミアムウォーター、6位のうるのんはナチュラルミネラルウォーター、3位のアルピナはミネラルウォーター、2位のアクアクララと4位のクリクラはボトルドウォーターという分類になります。

最後に、ミネラルウォーターの硬度については、「カルシウム濃度(mg/L)×2.5+マグネシウム濃度(mg/L)×4.1」で算出され、硬度100以下が「軟水」、101~300は「中硬水」、301以上が「硬水」というのがおおよその目安になります。
当サイトで紹介しているウォーターサーバーで飲むことが出来るミネラルウォーターはすべて軟水となっており、軟水に慣れ親しんでいる日本人仕様となっていますね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ