ミネラルウォーターの分類について

ウォーターサーバーにも使用されるミネラルウォーターの定義は日本と欧米で大きく異なりますが、ここでは、日本での分類についてお話しします。
ミネラルウォーターは以下の4つに分類することができます。

分類 ナチュラルウォーター ミネラルウォーター ボトルドウォーター
品名 ナチュラルウォーター ナチュラルミネラル
ウォーター
ミネラルウォーター ボトルドウォーターまたは飲用水
原水 特定水源より採水された地下水 特定水源より採水された地下水のうち、地下で滞留または移動中に無機塩類が溶解したもの。鉱水、鉱泉水等 ナチュラルミネラルウォーターと同じ 飲料用の水(純水、蒸留水、河川の表流水、水道水)
処理方法 濾過、沈殿および加熱殺菌に限る 濾過、沈殿および加熱殺菌に限る(※) (※)以外に複数の原水の混合、ミネラル分の調整、オゾン殺菌、紫外線殺菌、曝気等を行ったもの 処理方法の限定なし

■農林水産省によるミネラルウォーターの分類

日本のミネラルウォーターの特徴は、すべて殺菌が義務付けられていることなのですが、対するヨーロッパの基準ではこの「殺菌」に関して大きく扱いが異なっており、以下のような基準がある。

  • いかなる殺菌処理もされていない
  • 各国の公衆衛生を管轄する役所の審査と承認がある
  • 有益なミネラル分を一定量保持している
  • ミネラルバランスが良好である
  • 採水地周辺の環境保全が常に行われている
  • 地下の泉から直接採水され、添加物を加えず容器詰めされている

日本の水は軟水なので、加熱殺菌しても性質は変わりませんが、硬水は硬度に変化が出てしまうものも多いので、無殺菌・無除菌のまま容器に詰めることが必要となるのである。
これらの水は殺菌されていませんが、採水地の環境保全が常に保たれ、汚染は厳重に予防されているので安全である。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ