健康と水の相関関係

ウォーターサーバーや浄水器を置く家庭や職場が増え続け、コンビニやスーパーにミネラルウォーターのペットボトルが並ぶ光景を見ると、水への関心が高まっていることがわかります。
そして、それはとりもなおさず、安全で美味しい「飲料水」へのニーズが高まっていることと深く関係しています。
また、安全で美味しい水を飲みたいというニーズが大きくなればなるほど、「体に良い水を飲みたい」というニーズも増えてきます。

ウォーターローディングのように水は「健康」を保つための根源的で不可欠な要素である事が、今改めて見直されてきているのは、薬や医療の発展で世界に名だたる長寿国となった日本において、薬の副作用や薬害に悩まされることなく健康的に長生きしたいという人が増えているからでしょう。
人間を始めとする動物にとって水の摂取は本能的に行われる健康維持、治療活動であり、清潔な水を求めて飲み、水浴をして体を清潔に保ちます。
その証拠に世界には、「体に良い水」「病気を治す水」といった名水がいたるところに存在し、聖母出現の伝説とともに語られるフランスのルルドの泉は、どんな病気も治す奇跡の水として有名である。

では、水にはいったいどのような健康にいい作用があるのか、医学的な根拠に基づいてわかっていることをご紹介します。

解毒・希釈作用

水は、胃酸過多や腹部膨満感に良く効きますが、特にアルカリイオン水の場合、酸を中和して毒性を除去してくれますので、アルカリイオン水のウォーターサーバーやペットボトルがあるといいですね。

特に「悪酔い」「二日酔い」のときは、この「解毒・希釈作用」を実感出来ます。
悪酔いはアルコールの分解過程ででるアセトアルデヒドという有害物質の影響で吐き気や頭痛、動悸が起こる事なのですが、水を飲むことでこのアセトアルデヒドを薄め、悪酔いを防ぐことが出来ます。
酔ったときに水を飲みたくなるのは、体が本能的に「解毒・希釈作用」を求めているからなのです。

また、「睡眠剤を飲みすぎた」、「子供が洗剤を誤飲した」などと言う場合にも、大量に水を飲ませるのはこの「解毒・希釈作用」を期待しているものです。
さらに希釈効果と同時に水をたくさん飲むことで悪いものを吐かせる、「吐剤」としての効果も期待出来ます。

鎮静作用

緊張・興奮したとき、ストレスが溜まった時に水を一杯、ゆっくりと飲むと気持ちが落ち着くのは、脳に集まった血液が水を飲むことによって胃腸に導かれ、精神的にリラックスできるからある。
水の中に含まれるカルシウムにもストレスやイライラを和らげる効果があります。
眠る30分前に水を飲むと安眠出来ると言われているのも、頭にのぼった血液を腹部に下げて、自然な眠りを促すことが出来るからです。

覚醒作用

鎮静効果とは真逆ですが、水には気持ちをシャキッとさせ、体の中を活性化させる効果もある。
寝ぼけ眼のときに飲むとすっきりと目が覚めるのは、冷たい水が消化器を刺激してくれるからなので、ウォーターサーバーの冷水やミネラルウォーターを冷蔵庫で冷やしておくことをおススメします。
胃が元気に動き始め、食欲増進にも役立ちます。

排便・排尿作用

水を飲めば、当然尿意を催しますし、尿を出すことで体内の老廃物も出ていくので、デトックスに繋がります。
同じく、便意についても腸内が活発になる事で便通が良くなるので、水は便秘にも効果があります。
便秘の大半は睡眠不足によるため、お通じに悩んでいる方は下剤を飲む前に、水を飲むことが有効です。

発汗の促進

人間の体は、外的な環境が変わっても体温などを一定に保つような仕組みが働いていて、この働きのことを「ホメオスタシス」と言いますが、発汗はこのホメオスタシスの代表的なものの1つです。
暑いとき、人は汗をかいて体温を下げますが、体内に水分が足りないと発汗が十分に行われず、体内に熱がこもって熱中症などになってしまいます。
水は体温調節には欠かせないモノであり、発熱してしまったときに、水分をしっかり摂る事は理にかなっていることなので、ウォーターサーバーやミネラルウォーターで水を常備するようにしましょう。

その他の作用

水を飲むと体内の新陳代謝が促進されます。
人間の細胞は常に生まれ変わり、古い細胞は老廃物となって体外に排出されるのですが、そのための媒介物が水なのです。
また、水分を取る事で血液の循環も良くなります。
コルステロールや中性脂肪の濃度が高いドロドロ血が脳梗塞や心筋梗塞の原因をなることは皆さんご存知でしょう。
水分をしっかり摂取すると、血液がスムーズに流れるので、これらの生活習慣病を予防することが出来ます。

以上のように、水には様々な作用があるのですが、すべての作用に通じて言えるのは、「体の循環作用を促進して、活発な体内活動を援助する」ということです。
水の効果とは、言うなれば次々と細胞を生まれ変わらせる効果であり、「老化防止」や「長寿」に繋がり、「総合的な健康」をもたらしてくれます。
本当の健康とは薬によって病気を治すことではなく、細胞を生まれ変わらせ、血液を循環させ、生き生きとした体を保つことではないでしょうか。
それを実現させてくれるのが、水なのです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ