水道水はなぜまずいのか?

「湯水のように使う」という言葉があります。

日本は昔から水が豊富なので、干ばつなどの自然災害でもない限り、水を手に入れることはそう難しい事ではりませんでした。
田畑に使う水、体を洗うための水、洗濯や調理をするための水、夏に涼を取る為にまく打ち水、そして何より飲むための水。
日本人は生活の様々な場面で水と親しんできました。

日本では基本的にどこでも水が手に入るので、駅のホームや公園には水道の蛇口が備えられ、一昔前はそこで喉の渇きを潤す人も少なくありませんでした。
しかし、最近ではそんな姿を見かけることはほとんどありません。
なぜなら、多くの人が喉の渇きをペットボトルに入ったミネラルウォーターで潤すようになったからです。
さらに家庭でも、ウォーターサーバーや浄水器でキレイにした水を飲んだり、料理に使うようになり、水道水で直に料理をしたり、お茶を入れる人は減少の一途をたどっています。

なぜ、このような事態になってしまったかと言えば、ひとえに「水道水のまずさ」がクローズアップされたためでしょう。

ウォーターサーバーのように水源の水を直接汲んでいるのと違い、水道水の水は水源から浄水場に届くまで、工場地帯や住宅地、農作地帯など様々なところを通ってきます。
その際に様々な排水が流れ込み、水源の水は汚染されてしまうので、浄水場では主に塩素からなる消毒剤を入れ、汚染された水から汚れや菌を除去します。
この、塩素の量が日本は諸外国に比べて群を抜いて高く、これがまずい水道水の原因となるのです。
さらに、塩素がもとになって生じるトリハロメタンという発がん性物質が、水道水から検出されることも、もはや常識になりつつありますね。

また、水道水を地下から汲み上げている場合はどうでしょか?
地下水については、水源付近に捨てられる産業廃棄物や金属部品、ドライクリーニングの洗浄に使われる有機化学物質による地下水汚染が問題となっています。

このように環境汚染によって水道水を美味しく飲むことが出来なくなってしまいましたが、それでもまだまだ日本は諸外国に比べ水に恵まれている国です。
国によっては、お酒やジュースより水が高いというところもあるのです。
その理由は何と言っても日本では水の絶対量が豊富な事である。

降水量が多く、河川の数も多い日本は1人当たりに供給される水の量が十分に確保されます。
しかしその日本でさえ、水源の汚染で水の美味しさや安全性が損なわれ、ウォーターサーバーやミネラルウォーターを利用する人が増え続けているのです。
現在の状況は、水の希少さを知らず、ありがたみを真摯に受け止めてない日本人が招いてしまったと言えるでしょう。

ウォーターサーバーやミネラルウォーターなどから良い水を見極めて選ぶことももちろん大切です。
しかし、それと同時に身の回りの水も汚さないようにすることもまた、良い水を求めている私たちの大切な義務であることを忘れないようにしましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ