水に含まれるミネラルの働きについて

ウォーターサーバーに使用される水はミネラルウォーターであることがほとんどです。
ミネラルウォーターのミネラルとは鉱物を意味し、ミネラルウォーターとはこの鉱物を含む「鉱水」のことを指す。
ここでは、4大ミネラルと言われる「カルシウム」「マグネシウム」「ナトリウム」「カリウム」を中心に、その働きをお話しします。

カルシウム

我々の体内の1.5%を占めるミネラルで、その99%は骨や歯の中にあり、残りは筋肉や神経、体液の中にあります。
体液中のカルシウムは極めて微量ですが、血液の凝固を防ぎ、筋肉の収縮を促し、酵素を活性化させると言った大きな役割を担っています。
さらに神経の苛立ちを抑える効果があることは良く知られていますね。
体液中のカルシウムが不十分になると、カルシウムは骨から溶けだし、不足分を補おうとするので、骨粗しょう症になってしまうのである。

マグネシウム

体内に占める割合は0.14%で、カルシウムとともに骨や歯の成分となっています。
体内酵素を活性化し、便秘の解消や疲労防止、血流安定などに効果を及ぼします。
カルシウムとの相互作用で働く特徴があり、カルシウムの代謝の手助けをし、カルシウムが骨から溶けだそうとするのを防いでくれます。
カルシウムを摂っていても、マグネシウムが不足していると、筋肉の収縮を促すカルシウムがうまく働かず、けいれんやしびれの原因となる。
これが心筋で起こってしまうと、狭心症や心筋梗塞を招く事態となるので、カルシウム摂取する場合は、同時にマグネシウムも摂らなくてはならず、理想的な摂取比率はカルシウム2に対し、マグネシウム1である。

ナトリウム

体内の含有量はマグネシウムとほぼ同じで、その1/4は骨格内に、残りはナトリウムイオンとなって、細胞外液に溶けこみ、体液の浸透圧を維持している。
マグネシウムと同じく、カルシウムや他のミネラルの代謝を助けるほか、カリウムと相互に助け合って、神経伝達がスムーズに行えるようにもしています。
塩分の高い日本の食生活で不足することはほとんどなく、それよりも過剰摂取による高血圧や動脈硬化に注意しましょう。

カリウム

ナトリウムが細胞外液で働く一方で、カリウムは細胞内液に溶け込んで、酸・アルカリのバランスをとり、浸透圧の調整をする。
また、ナトリウムによる血圧上昇を抑えつつ、ナトリウムとのバランスによって、神経や筋肉の機能を維持する。
摂取不足が続くと、低カリウム血症となり、だるさや疲労、頻脈や心拡張症など、心臓の働きに悪影響がでる。

その他の微量ミネラル

  • 鉄:不足すると貧血、疲労、肩こりを招く
  • リン:細胞膜や細胞質、骨や歯を構成。糖質の代謝を助ける。

このようにミネラルはわれわれの体内に必須の要素であるにも関わらず、体内で生産することは出来ない。
外部から摂取しなければならないミネラルを、ウォーターサーバーなどで水から摂取するのは有効な手段と言える。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ