雪解け水の謎と神秘について

ウォーターサーバーの水の原料にもなる事がある、雪解け水には、生物の活性能力を高める効果があると言われています。
例えば、雪解け水を飲む動物や家畜たちは成長が早まり、しかも病気になりにくい体になりますし、作物を育てれば収穫量が増え、鶏に飲ませれば産卵量が増えると言った効果が得られています。
寒さが厳しくて、一見農業に適しているとは思えない東北地方が、日本有数の「米どころ」であるのも、雪解け水の効果を上手に利用しているからだと言えます。

旧ソ連の研究では、雪解け水には種子の発芽を早めたり、鳥のヒナの成長を促したりする作用も発見されているそうです。
また、「秋田美人」に代表される雪国の女性たちの肌がつややかで若々しいのも、雪解け水に豊富に含まれた炭酸ガスと酸素の効用、そしてなにより雪解け水の持つ若返りの作用であると言われている。
雪解け水の肌への浸透力の高さを生かして、美容液などへ利用する化粧品メーカーも多い。
さらに、雪国では雪解け水を原料とした酒造業が盛んで、ここでも原料の劣化、腐敗を防ぐために雪解け水の老化抑制作用が活用されている。

普通の水と雪解け水の能力の差について、その原因はまだ解明されていませんが、雪解け水の分子構造になんらかの秘密がある事は間違いないそうです。
常温の水では水分子が5個水素結合した「五員環」と6つ結合した「六員環」が存在しますが、常温では五員環が安定するのでその割合が高く、温度が下がると六員環の割合が増えます。
雪解け水には、この六員環が非常に多く含まれていて、これが雪解け水の効能の要因となっていると言われている。

もちろん、雪解け水が地中をゆっくりと流れてくる間にミネラルをたっぷり溶かし込んでいることも、効能の要因の一つである。
メカニズムの解明はまだ先になりそうだが、雪解け水の効能は数々実証されており、健康的な生活にぜひ取り入れたい水です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ