ウォーターローディング法について

水の大きな役割の一つに「代謝の促進」がある。
ウォーターサーバーから水を上手に飲んで体内物質をスムーズに循環させることで体内環境を良くし、病気を予防して、健康を保つということですね。
この水を上手に飲む方法として考え出されたのが「ウォーターローディング法」です。

当初はスポーツ選手の為に考え出された方法で、試合前の一定期間、毎日1~1.5リットルの水を飲み、常に体を水で満たしておくと、試合中に水分を失っても運動能力の低下を防ぐことが出来ると言われています。
ウォーターローディング法の提唱者である、順天堂大の高岡先生(故人)によると、ウォーターローディングに最も適している水は、中硬度のミネラルウォーターだそうなので、ウォーターサーバーの水の硬度を一度確認してみて欲しい。
この硬度が、選手たちの体内の新陳代謝を活発化し、運動能力を高めてくれるということです。

マラソンランナーやサッカー選手、テニスプレーヤやゴルファーというように今や多くのジャンルでこの方法が取り入れられ、選手たちは試合前に少しづつ水を補給して体調を調整しています。
個人差もありますが、1回あたりの水の摂取量は250ミリリットル程度とされているので、ウォーターサーバーからコップ一杯程度を何回も飲むという事になります。
ウォーターローディング法の最終的な目的は、「血管の鍛錬」にあり、血管を柔らかく、柔軟性のあるものに変えていくことである。
つまり、この方法は、一般人にとっても良い方法だと言える。
繰り返し水を飲むことで、血行が促進され、新陳代謝が活発になれば、体調不良の原因となる冷え性や頭痛、肩こりや便秘、慢性疲労やむくみなどが解決できるからです。

ウォーターローディング法を実施する際に注意したいのは、硬度が高すぎる水ではやらないという事である。
ミネラル分が多すぎると、利尿作用が強すぎて、ミネラルが体外に排出されてしまうからです。
かといって、ミネラルが少ない軟水では、そもそもミネラルが摂取できないので、中硬度のミネラルウォーターを摂取するようにしましょう。

そして最も大切なのは、水を飲むのと同時に運動もしっかり行うこと。
とはいってもハードな運動は必要ではなく、ストレッチやウォーキングを体に負担にならない程度に、ある程度時間をかけて行えばOKである。
スポーツ選手は水を飲むことで運動能力をアップさせるが、逆に一般人は運動をすることで水の効果をより高くさせるのです。
そうすれば、血管が若返り、新陳代謝が活発化するので、ウォーターローディング法が最高の健康法になっていくのである。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ