更年期障害を緩和する水の鎮静効果について

更年期障害は、中年期を過ぎた女性に見られる悩みとしてすでに一般的になってますね。
ホルモンバランスが崩れて起こる症状を総称して「更年期障害」と呼んでいますが、のぼせたり、急に汗が出たり、倦怠感に陥ったり、皮膚が乾燥したり、イライラしたり、うつの症状が出たりと、人によって症状の出方が多種多様なことが特徴です。
不調を訴えて病院で診察を受けてもこれといった異常が見つからないため、治療も行われないことがほとんど。
結局、「更年期とはこういうもの」「歳のせい」とあきらめてしまう人が多いのではないでしょうか。

また、更年期障害は男性にも見られるが、「ストレスのせい」「男なのに更年期障害なんてありえない」と、自覚症状を見て見ぬふりをして、悪化させることも多いようですね。
しかし、先に挙げたような症状の一つ一つを根気よく解消していくことで、更年期障害は乗り切れるのです。
そして、ウォーターサーバーから飲む水には、これらすべての症状に効果を発揮するのです。

まず、水には鎮静効果があります。
不眠や不安感、のぼせに良く効き、更年期障害の代表的な症状である皮膚や粘膜の乾燥、喉の渇きの解消にも、当然水分補給は効果がある。
さらに、イライラなどの精神症状には、カルシウムが効果的なので、硬水のようなミネラル含有量の高い水をウォーターサーバーから飲むようにしましょう。

なお、水は更年期障害の症状を緩和させるだけでなく、抜本的な体質改善のためにも飲むべきである。
更年期障害は、加齢によって体を構成している細胞が異常刺激を受け、それが発症の引き金となっています。
ウォーターサーバーから水を飲むことで、その異常刺激が緩和され、加齢に影響されにくい体を作る事ができるのです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ