水とダイエットの関係!

水をたくさん飲むと、美容にいいという話を見聞きしたことがありませんか?
モデルさんや芸能人は、水をたくさん飲んで美しいプロポーションを維持しているという説もあります。
水とダイエットは、本当に関係があるのでしょうか。

まず、人間の体は血液によって栄養分や老廃物が循環することで、生命活動を維持していることを考えてみましょう。
血液の約半分は、水分だといいます。
血液は体の隅々まで酸素を届ける役割も果たしており、血液がスムーズに流れないことで様々な健康障害や美容トラブルが起こります。
血の巡りがスムーズに行かない原因は、ドロドロの血液になっていることが大きいのです。
脂質や糖質のとりすぎなども考えられますが、水分不足もドロドロ血液にする要因です。
水分をたくさん摂れば、血液がサラサラになって全身の血の巡りがよくなります。
すると代謝が上がり、結果体温が上昇します。
体温が上がるということは、燃焼しやすい体となるわけです。
さらに、水をたっぷり飲んでおくと、腸内環境が改善されることがわかっています。
余分な老廃物をためこんでしまいがちな人は、食べたものを流す水分が足りていない可能性があります。
甘い飲み物などを飲んでも、糖質などが含まれているために純粋な水分が不足してしまうかもしれません。
混じりけのない水を飲むようにすれば、水分の吸収力も高く、便秘が解消されておなかのポッコリもなくすことができますよ。

便に加えて、尿でも老廃物は排出されます。
あまりたくさん水を飲むと、トイレに行く回数ばかり増えて無意味な気がすると思うかもしれません。
しかし、水を飲んで頻尿になるのは、老廃物がたまっている証拠なのです。
一日の排尿回数は8回から10回はあってもおかしくないといいますから、それよりも少ない人はむしろトイレに行く回数を増やしたほうがいいでしょう。
酵素でデトックスなどが流行っていますが、水を飲むだけでデトックスできるなら簡単ですね。
汗をかかないように、水を飲まないようにしている人もいます。
汗は、体温調節のために体が起こす作用です。
つまり、体温が高くなったから汗を出すわけで、汗が出ないような体は冷えている可能性が高いのです。
イコール代謝につながらないことが考えられるため、積極的に水を飲んで汗を出すようにしたほうがよいでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ