水を飲むことで禁煙は出来るんです

今や世の中禁煙一色となり、愛煙家は居心地のよくない思いをしてるのではないでしょうか?
実際、喫煙による害として、肺ガン、咽頭ガン、口腔ガンなどの、呼吸器周辺がガンに犯されるだけでなく、食道、膵臓、肝臓などのガン発生率が高くなります。
さらに、ニコチンが血管を収縮させることにより、動脈硬化を招きやすくなり、心筋梗塞や狭心症の原因ともなります。

また、これはあまり知られていませんが、ニコチンは利尿作用が強いため、タバコを吸うと、体内の水分がすぐに尿となって排泄されてしまう。
そのため、体内の水分が不足して血液がドロドロになり、心筋梗塞や脳梗塞に繋がってしまうのである。

女性の場合の喫煙は、さらに胎児への影響があるほか、たばこ1本当たり25mgビタミンCが失われるという点で、美容面でも弊害がある。
喫煙が、これらの悪い結果を招くという事は、もちろん喫煙者の方々も知っていて、「自分の体のことだからほっといて」という方もいるでしょう。
しかし、受動喫煙の問題が明るみにでてからは、それも通用しなくなって、肩身が狭くなるばかりです。

いよいよ、禁煙しようかと思ってみても、タバコに慣れ親しんだ体がいう事を聞かず、挫折してしまう。
しかし、実は禁煙を成功させるための最高ともいえる方法がある事をご存知だろうか?
その方法は至って簡単、タバコを吸いたくなったらウォーターサーバーなどから水を飲むだけである。
これだけで、タバコを吸いたくなる衝動を抑えることが可能なのだ。

朝寝起きにウォーターサーバーから1杯の水を飲み、シャワーを浴びて全身をマッサージする。
朝食に果物と100%のジュースを飲み、食後はタバコの代わりにウォーターサーバーから水を飲む。
これを毎日繰り返すだけで、タバコの本数を劇的に減らすことができ、完全禁煙の成功率も90%を超えているそうです。

水が喫煙欲求を紛らわしてくれるということをお話ししましたが、それ以外にも水を摂取することで、体に溜まったタバコの毒性を薄めてくれる効果や、ニコチンやタールを体外に排出してくれる効果を期待できます。
ニコチンはビタミンCを始めとする多くの栄養素を破壊してしまうので、水を飲むことで早く排出して、その悪影響を最小限に食い止めることが可能なのだ。

このようにウォーターサーバーなどからの水による禁煙は簡単かつ効果も大きいのですが、禁煙による弊害と向き合わなければならないのも事実としてあります。

例えば、食欲増進や集中力低下、便秘などが挙げられます。
口寂しくてついつい食べ過ぎたり、便秘が続いたりして、禁煙したら太ってしまったという話を挙げたらきりがない。
特に女性の場合、「禁煙したら太った」という話を聞いたら、禁煙に踏み切れないのではないだろうか。

しかし、ウォーターサーバーの水による禁煙について言えば、その心配はあまりしなくても大丈夫である。
水を飲むことで満腹中枢も刺激されるので、食欲も抑えられますし、これまで喫煙が促していた便意も水が引き継ぐからである。
さらに、ウォーターサーバーの水はカルシウムも豊富なので、イライラが抑えられ、集中力も高くなる。

禁煙は、ニコチンの禁断症状との戦いであるが、これに勝つには、水をたくさん飲んで、ニコチン依存を薄めていくのが最良の方法なのです。
吸いたいという欲望を水を飲むことに転化し、タバコ依存からの脱却、タバコの毒の排出をぜひ実現してくださいね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ