水分を絞るダイエットは命も絞る

これまでダイエットといえば食事制限だけでなく水を飲まないことも必要だと思っていた人が多いのではないだろうか。
歌手の西條秀樹さんは、ダイエット中に水分を制限したため脳梗塞を起こして倒れてしまった。
カロリーコントロールは良かったのだがそれに見合った水分を摂っていなかったのだ。

脳梗塞はダイエット中の激しい運動やサウナに入ったりして多くの水分が失われ脱水状態になる場合にも起こる。
血液には、赤血球や血小板などの細胞成分があり、水分が失われると血液が固まりやすくなる。
脳梗塞は血液が固まることで起こるから、無理なダイエットで水分が極端に失われた場合には脳梗塞が起こりやすいという理屈になる。

西条秀樹さんが体調不良を訴えたときにも、水分を補給せず長時間サウナに入っていたという。
ダイエットどころか、脱水症状を起こしていたのであろう。

水分を体外に出すことによって起こる体重の減少が、体重の三パーセントを超えると危険である。
たとえば体重60キロの人なら、1.8キロ相当を超えた水分を体外に出すと、脱水症状が進み血栓ができる場合がある。
5パーセントを超えると、熱中症で重篤な状態になる場合もある。
西城さんはダイエット時、食事を1回、400キロカロリーに制限していたという。
これは明らかに危険であった。

肥満の人の場合、一日のカロリを1200キロカロリー以下に落とすこともあるが、やせた人が極端な食事制限をするのは危険である。
食事からの水分摂取量も減ってしまうからである。

ダイエットを始めて、2キロぐらいならすぐに減量できるのに、それ以降はなかなか減らないという経験をしたことはないだろうか。
この減量分の多くは水分なのだ。
食べ物の全体量を減らすのではなく、栄養素のバランスを与えながら脂肪分だけを減らしたり、きちんと有酸素運動と並行して行なわなければ効果はあがらない。

脱水を、ダイエットと誤解するのは危険である。
本当に体重が減るのは、脂肪が燃えてエネルギーが二酸化炭素と水に分解され、水分として出たときなのである。
単にからだから水分だけ絞り出しても意味はない。

皮膚の潤いを失わないためにも、また、体調を崩さないためにも、水分補給を心がけなければならない。
ダイエット中でも、1日に1.5~2リットルの水分摂取は必要である。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ