水飲みダイエットの方法

世の中には「水太り」という誤解も存在しますが、水を飲んだら体がむくむとか、太ると言った俗説は誤りである。
水を飲むと胃が満たされ、食欲が抑えられることは誰でも理解できる話ですが、それにあわせて水を飲んだ後の体のエネルギー消費量が30%程度増加されることは、あまり知っている人はいないのではないでしょうか?
これは、水を飲むことで交感神経が興奮するからである。

世界肥満学会では「1日0.5リットルの水を飲むだけで確実に減量できる」という科学的証明がなされているそうですよ。
単純に、1日1.5リットルの水を飲んだ場合、年間で17,400キロカロリーのエネルギーが消費されるのですが、これは2.4キログラムの脂肪組織の燃焼量に相当しますので、科学的にダイエット効果が証明できるのも頷けます。
また、暖かい水よりは冷たい水の方がダイエットにはいいそうで、これは冷たい水を体温と同じになるまで温度を上げるのにカロリーが消費されるためで、水を飲む際には、ウォーターサーバーの冷水を飲む方がいいということですね。

ダイエットをするのであれば、ウォーターサーバーの水を飲むだけで十分なんです。
食べ物や水分量を減らすダイエットは、皮膚の潤いを奪ってしまうので、キレイに痩せたいなら、水は飲まなければいけません。
水を飲むと「むくむ」というのは間違いで、むくみは体内の塩分量が多く、塩分量を薄めるために水分を体に貯めるためにに起こります。
逆に水を飲むと体の新陳代謝が上がって、痩せやすくなるのです。

摂取するエネルギーを減らすより、痩せやすい体を作る方がダイエットの近道です。
しかし、水を飲んでいるから大丈夫とばかりに、暴飲暴食するのは禁物で、水を飲んで食欲を抑えながら、適度に食べることが大切です。

ちょっとここで、ダイエットのための水の飲み方についてお話しします。
あなたが便秘症であれば、早朝に大目にウォーターサーバーの冷水を飲むようにしましょう。
腸内に水分が送られることで、便が出やすい状態になります。
逆に下痢気味でしたら、排便後に多めの水をゆっくり飲みましょうね。
便秘・下痢、どちらの場合も胃腸の調子を整えることで、肥満防止に繋がります。

起床時には便通のため、食事の前には食欲抑制のため、そしてお風呂上りは脱水防止のため、ウォーターサーバーから水を飲むのがダイエットには最適な飲み方である。
また、ダイエットに適した水の共通項としては、「高硬度」が挙げられ、特に硬度が1000を超えるような超硬水は、ヨーロッパで「スリムウォーター」と呼ばれて人気であり、日本でも硬度が1500ほどある「コントレックス」を飲んで、ダイエットをしている人が多いですね。
さらに炭酸水は食欲抑制に非常に効果が高いので、炭酸水を飲める方は、こちらもおススメです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ