目覚めの一杯で病気知らず

水の持つ特性は、上手に利用すれば、老化防止や健康維持、美容などいいことずくめですが、間違った飲み方をすると命取りになる可能性があります。
見落としやすい間違いや誤解を取り除くことで、水を本当の意味で「薬」と成すことができるのです。

まず、万病に対する予防策としてどんな人にもおススメできる水、それは「起き抜けの一杯の水」である。
朝、起き抜けにウォーターサーバーからコップ一杯の冷たい水を飲む。
そうすると、体の中がゆっくり動き出し、便意が催されます。
水の持つ覚醒作用が、体を目覚めさせてくれるのだ。

また、私たちの体には、「交感神経」と「副交感神経」という二種類の自律神経がある。
副交感神経は鎮静作用を持っていて、眠っているときに働き、朝起きるとともに体の動きを活発にする交感神経にバトンタッチされる。
ところが、副交感神経には胃腸の動きを促進する働きもあるため、朝起きて交感神経の方が優位になってしまうと、胃腸の働きが抑制されてしまいます。

そこで、ウォーターサーバーから冷たい一杯の水を飲むことによって、胃を刺激し、一時的に副交感神経を復活させるのである。
胃の中になにか入ると、何であれ脳は指令を出して腸に蠕動運動を始めさせますが、朝目覚めたばかりの体に固形物をいきなり入れるのは負担が大きいので、やはり水がちょうどいい。
水であれば胃は抵抗無く吸収することができ、スムーズに蠕動運動を促すことができます。
また水が冷たいということも大切で、胃腸を刺激するにはキリっとした冷たさが不可欠なので、ウォーターサーバーの冷水などは最適であろう。

ところで、朝、起きるとともに規則正しく便通があるという人がどれくらいいるでしょうか?
便秘に悩む人、不規則な時間で出る人など、便通に関しては、何らかの悩みを抱えている人が多いと思いますが、「一杯の冷たい水」がそれを解消してくれます。
便秘が激しい人の場合、硬度の高い水を飲むと、カルシウム分が排便を促し、より効果が高いので、よく冷えたウォーターサーバーの冷水に硬度の高いミネラルウォーターを使うといいでしょう。

逆に軟水は食欲増進に効果があるので、朝、食欲が無い人は、起き抜けにウォーターサーバーから冷たい軟水を飲むと、軽く口当たりのよい味わいが胃を目覚めさせてくれます。

さらに、起き抜けの水は、睡眠中に失われた水分の補充という意味でも非常に大切である。
人間は眠っている間に、300ミリリットルほどの汗をかき、これは眠っている間に体温を下げて体を休ませるためであるが、水分の少なくなった体内の血液の粘度が上がってしまうため、起き抜けや午前中に脳梗塞が発生する要因となってしまいます。
この予防のためにも、寝ている間に失った水分はきちんと補給しなくてはならない。

吸収された水は体内を循環して、眠っている間に滞っていた老廃物を押し流し、酸素や栄養物を体内の細胞にくまなく運搬し、健康な体を目覚めさせてくれるのです。
寝覚めにウォーターサーバーの冷水を一杯飲んだとき、美味しいと感じられれば、その人はまず健康であり、その水が合っていると考えていいでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ