糖尿病を予防するための水の飲み方について

糖尿病を疑われる日本人は、今後食生活を改めないと糖尿病になってしまうという人も含めると、2000万人とも言われています。
飽食と言われるほどにまでなった食生活に置いて、早食いなども肥満を誘発していることが、糖尿病の要因となっています。
通常、満腹になれば脳の満腹中枢から信号が発せられるが、早食いするとこの信号が出る前にお腹に食事を詰め込んでしまうため、食べ過ぎとなり、肥満になってしまうのである。
良く咀嚼して、ゆっくり食べることで、大概の肥満は防止できますので、まずは良く噛んで食べることから始めるようにしましょう。

それに次いで効果があるのは水を飲むことです。
ウォーターサーバーなどから水を飲むことで、満腹中枢が刺激され、食べ物に頼らずに満腹感を得ることが出来るほか、水の循環・排出能力も、新陳代謝を活発化させ、脂肪の燃焼しやすい体を作ってくれるからです。
糖尿病を予防するには、ウォーターサーバーから毎日コップ10杯の水を飲むようにすること。
喉が渇いたとき、小腹が空いたとき、ジュースや間食代わりに水を飲むことで、糖尿病のほか、胃酸過多や胃潰瘍、高血圧や高コルステロールなどの生活習慣病も予防が可能になります。

なお、糖尿病の人はスポーツ飲料やビタミン入りのドリンクは飲まないようにしましょう。
糖分が多く含まれているので、血糖値が跳ね上がり、危険な状態「ペットボトル症候群」に陥ってしまいます。
腎性の糖尿病の場合は、硬度の高い水を飲むことも控えるようにしましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ