美人になれる水の飲み方

水は美容にも大きく関わっている。
無理なダイエットをすると皮膚がかさかさして潤いがなくなってしまうことがある。
水分は皮貯の角質層に貯えられ、その保水の状態で、肌のしっとり感の差が出てくるのだ。
ダイエット中に皮膚がかさつくのは、角質層に水分がなくなるためである。

私たちが一日に摂取する水分は、飲料水から約1.2リットル、食べ物から約1リットルといわれるが、1日1.5~2リットルの水を有効に飲むことが美容のポイントになる。
より美しくなるためには、喉が渇いたときばかりでなく、積極的に水を飲むべきだが、1回に飲む量は、せいぜいコップで2杯までである。

就寝前にウォーターサーバーから飲むコップ1杯の水は、頭部の鬱血を柔らげ、腹部に安定感をもたらし、よく眠れるようにする。
疲れたときは、しばらく休憩したあとにウォーターサーバーからコップ1,2杯の水を飲むといい。
できればアルカリ度の高いミネラルウォーターにしたほうがいいだろう。
体内の老廃物を排除して内臓器官に新しい栄養と活性が与えられ、その結果、美しくなれるのである。

食前にもウォーターサーバーからコップ一杯の水を飲むといい。
食欲を促進し、胃腸に対するウォーミングアップ作用で、胃腸の働きを活発にする。

ここでいう美人とは、何も外面的なものだけをさしているのではない。
心身がハツラツとしている人は、男性でも女性でも美しいと思う。

肌の新陳代謝を活発にするには、ミネラル分の多い硬水を飲めるウォーターサーバーを選ぶといいだろう。
疲れてくると、体液が酸性に傾き、肌荒れやシミ、シワができやすくなる。
そんなときはアルカリ度の高いミネラルウォーターが飲めるウォーターサーバーにしたほうがいいだろう。
からだの外から水分を補給する化粧水に対して、飲んで肌を美しくする水は、「内なる化粧水・美容水」といえるのではないだろうか。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ