脳梗塞を防ぐ「宝水」

脳卒中には脳の血管が破れて脳のなかで出血する「脳出血」、くも膜と硬膜の間に出血する「くも膜下出血」、血管が詰まって血液が流れなくなる「脳梗塞」の三種類がある。
脳卒中は1951年から約30年間日本人の死亡原因の1位であったが1998年以降は3位になっていた。

1951年は脳卒中のなかで最も死亡が多かったのは脳出血て全体の77パーセントを占めている。
その後、高齢化が進むにつれて脳梗塞による死者が増え続け、1996年には脳梗塞が脳卒中の62パーセントを占めて1位になった。
2位は脳出血で23パーセント、3位はくも膜下出血で10パーセントで、でこの傾向は現在まで続いている。
したがって、脳卒中の中でも、死に至るることの多い脳梗塞の予防が最も大切なことになるのである。

そのために何が一番有効かといえば、ずばり水を飲むことである。
一般に脳梗塞は、寒い時期が危ないと思われがちであるが、それは大間違いで、実は汗をかく夏場が圧倒的に多いのである。
それは脱水症状て血液がドロドロになるためだ。

脳梗塞は暖くなると増え、夏にピークを迎える。
とくにお年寄りに多いのは、動脈硬化が進むうえに、普段から脱水状態にあるからなのだ。
とりわけ女性のお年寄りは注意が必要である。
夏場も着物を者る人が多く、汗をかいて着物を汚したくないと考え、水分を控えるからである。

喉が渇かなくても、最低一日5回、計1リットルの水を時間を決めて飲む必要があると私は思う。
脳梗塞で病院に運ばれてきた患者さんの血液は粘度が高く、放置しておくと、血液がどんどん詰まって悪化していくが、水を補給すると、血液の粘度が下がってサラサラになり、悪化を防ぐことがわかっている。

水の飲み方としては、起床時すぐに1回、午前中に1回、午後に2回、寝る前に1回の計5回、ウォーターサーバーから水を飲むのがいいでしょう。
とくに大切なのは心筋梗塞の予防と同じく、就寝前の1杯である。
血液の粘度は、午前4時から8時にかけて最も高くなる。
睡眠中は水分を摂ることができないうえに、呼吸や汗などて500~1000ミリリットルの水分が失なわれている。
そのため脳梗塞の発作は夜中、そして早朝から午前中にかけて多くなるのである。

そこで、就寝前のウォーターサーバーからのコップ一杯の水が「宝水」となるのである
夜中にトイレに起きるのが面倒なので、水分を控えるお年寄りがいるが、就寝前にコップ1杯の水を飲むことを習慣化していただきたい。

腎臓に持病が無い限り、水分を摂りすぎても体に悪いことは無い。
しかし、飲むのはあくまでも水で、清涼飲料水やお茶は糖分過多になったり、眠れなくなったりするのでやめたはうがいいだろう。
また、高価な水である必要はなく、ウォーターサーバーなどから飲めるミネラルウォーターで十分である。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ