子供にも水のおいしさを伝えたい

子供は、大人より多くの水分を必要とします。
子供の体は、大人よりも水分が出ていきやすいのである。
小児期は、細胞内水分よりも細胞外水分の割合が大きい。
細胞膜内に閉じ込められた水と違い、細胞外水分は呼気や皮膚の表面を通じて容易に体外へと出ていってしまうのである。

加えて、小さな体であるにもかかわらず、大人と同じ数の汗腺を持っているため、汗をかく量も多くなる。

さらに、子供は腎臓の尿細管での水分再吸収の機能がまだ発達していない。
腎臓は、血液から不要なものだけを濾過して尿として排出する役目を果たす器官である。
しかし、ときには体に必要なものも通してしまう事もある。
これを是正する役目が尿細管にはある。
ここで水分の再吸収が行われ、必要以上の水分が失われることを防いでいる。
成人になれば自然と整うこの尿細管の機能は、幼児の間はまだ未熟である。

さらに、子供の体内では、新陳代謝も盛んである。
子供は良く熱を出すものだが、これも代謝が盛んで、容易に脱水症状に陥ってしまうことを示している。
子供の体は、少々の水分補給ではなかなか満足しない。
常に脱水の危険にさらされているのである。

一日に必要な水分量は、幼い時ほど多い。
体重1キログラム当たりで、新生児は50~120ミリリットル(つまり3000グラムで生まれた赤ちゃんなら150~360ミリリットル)、乳児で120~150ミリリットル、幼児なら90~100ミリリットル、学童で60~80ミリリットルが必要となる。
成人の場合は、体重1キログラム当たり、40~50ミリリットルで十分である。
幼児と成人を比べると、体重1キログラム当たりで大人の倍近くの水分を必要としている事がわかる。

それなのに近年、水のおいしさを知らない子供が増えている。
ウォーターサーバーの水を飲むどころか、ペットボトルのジュースなどを飲んでいる子が、じつに多いのだ。
しかも、かわきを覚える機会も減っている。

幼いころから習い事をしたり、遊ぶときも室内がほとんどだったりすると、体を使って動き回り、汗をかくことも少ない。
人間が本当にかわきを覚えると、欲しくなるのはジュースでも、酒でも牛乳でもない。
ただの水である。
しかし、どれだけの子供がそれだけの渇きを味わっているだろうか?

本来、どんどん汗を出してどんどん水分を補給すべき時に、乾いたときにのどを潤すウォーターサーバーの水の根源的なパワー、ありがたみを感じていないことは実に残念なことである。
夏の暑い日、子供が家に帰ってきたときの為にジュースを冷蔵庫に備えておくのではなく、ウォーターサーバーの水にすることをお勧めしたい。
子供が、その渇いたのどにウォーターサーバーの水を注ぎ、体を水で満たす。
そして、本当に欲していたのはこの潤いだと感じる。

水のおいしさを、体で覚える良い機会になる事は間違いない。
そして、水の良し悪しを見極める舌を育てるきっかけになる。
自分の体を守るものがなんであるか、敏感に察知する力を、ごく小さいうちから子供の中に育てておくことが必要なのである。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ