子供の体のトラブルにウォーターサーバーの水が効く

子供は良く病気をする。
その時の処置にも、ウォーターサーバーの水は欠かせません。
熱を出した、下痢をしたなどの急なトラブルから、慢性的な病気まで、水の作用で子供を守るノウハウを知っておくことは大切である。

風邪・下痢・嘔吐

風邪やインフルエンザにかかったときは、ウィルスを撃退することが必要となる。
ウィルスは湿度に弱いため、加湿器で部屋の湿度を保つと効果的。
そして子供の体にもウォーターサーバーから充分な水分を与えることが必要です。
室内はもちろん、体内も乾燥から守ってやれば、ウィルスの繁殖抑制は効果テキメンである。

また、咳や痰を出やすくする効果も大きい。
喉の痛みを訴える子供には特に就寝前に重点的に水を飲ませましょう。
そうすると、翌朝は痰が切れやすくなっています。
下痢や嘔吐は脱水症状の元になるので、このときもウォーターサーバーのお湯をこまめに与えることが大切です。

下痢も嘔吐も、体内に入り込んだ有害物質を排出するための体の反応です。
それを少しでもスムーズに行うためにも、水分は必要である。

また、下痢止めはお勧めできません。
なぜなら、有害物質をできるだけ早く外に出してしまわなくてはならないのに、下痢をストップさせてしまっては意味が無いからです。
逆に水を飲んで排出を促進しなくてはならない。

また、下痢の精で水分不足になった体内には、グアニジンという毒素が増える。
これは、尿毒症を引き起こすこともある危険な物質である。
ここに水分を補給したら、毒素は尿素とアンモニアに分解され、問題なく体外に排出することができる。
このときに飲ませる水は、ウォーターサーバーのなかでも軟水が最適である。
硬水はお腹をゆるくする作用があるので避けよう。

下痢や嘔吐を繰り返したら、スポーツドリンクを少量ずつ飲ませるといい。
症状がおさまってきたら、ウォーターサーバーの水に替えるのがいいでしょう。

熱中症

熱中症と、それが引き起こす脱水症状は恐ろしい。
熱中症によって血液は一瞬のうちに水分を失い、粘度の高い血となる。
それが心臓や肝臓、腎臓などに甚大な障害を引き起こしてしまう。
幼児が炎天下で社内に置き去りにされ、熱中症で死亡する、という事故はあとをたちません。

夏場、締め切った車内はゆうに40℃を超える。
そんな場所にいたら、体温はいやおうなく上昇する。
危険なのは車の中だけではない。
8月には、体温と同じか、それを超えるほどの気温に上る日も少なくない。

暑さの中であがり続ける体温。
それを下げるために、体は発汗を行う。
すると水分は失われ、血液の温度は上がり、血はドロドロになる。
そうすると、脳は濃度の上昇を止めようとして、発汗をやめさせる命令を出す。
その結果、体内の熱は放出できずに内にこもって、意識混濁、悪くすると死亡に至ってしまいます。

子供が熱中症になったら、まず水を飲ませること。
しかし水だけでは体内の塩分濃度が薄まり、かえって細胞内液の脱水が進んでしまう。
0.2%くらいの塩分を含んだスポーツドリンクを飲ませることが大切である。

吐き気や意識障害が出て、水分が補給できなくなった場合には、体を冷やすこと。
木陰、あるいは冷房の効いた部屋に運び、衣服を脱がせる。
そして霧吹きで体に水をかけ、扇いで風邪を送ってやる。
頸部やワキの下などを氷で冷やすと効率よく体温を下げることができる。

熱中症はなによりも、予防が大切です。
ウォーターサーバーの水を普段から充分に飲む習慣を子供につけさせておくと安心である。

アトピーを改善する水

アトピー、ぜんそく、花粉症などをまとめて「アレルギー性疾患」という。
アレルギー疾患のもとは、日本の清潔至上社会が作り上げたモノであるという説があります。
回虫や細菌など、身の回りにいる微生物を、日本人は不潔だとして徹底的に追いやってしまった。
その過剰な反応により、日本人の体の免疫力は落ちてしまった。
子供たちのアレルギー疾患が年々増えてきたのは、この異常なまでの清潔志向のせいだということである。

一方で、子供のアトピーの場合は他の原因もあります。
それは離乳の早さです。
幼児期の間から、動物性蛋白質を食べさせてしまう事は、アレルギー体質をつくる一因となっているのではないかと思う。

ウォーターサーバーの水は、これらのアレルギー緩和に役立ちます。
血液の循環がよくなることにより、アレルギー反応を抑えられるからである。
また、水中のミネラルはアトピー性皮膚炎に有効である。
カルシウムは細菌類の働きを抑える作用を持つ上に、イライラやストレスを抑える効果のある、一種の精神安定剤となるからです。

アトピーの改善には、ウォーターサーバーの水の中でも、中硬水の飲用を習慣づけたい。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ