水中毒に要注意

これまで、ウォーターサーバーの水は健康を守り、食生活よ豊かにし、美容や老化防止にも役立つものであるとお伝えしてきました。
しかし、その一方で、「水を飲みすぎる」ことによるトラブルもあることをぜひ知っておいてください。
特に、ウォーターサーバーの水を飲むことが美容にいいと聞いて、ひたすら飲んでしまう女性は気をつけて欲しいのです。

通常、水分をしっかり摂ると、血液中の水分が増えてサラサラの血になる。
そして水分は細胞内に入っていく。
ここで十分な水分をとれたことを脳が感知すれば、喉の渇きはなくなる。
しかし、限度を超えて水飲んでしまうと、渇きを感じる脳の中枢が狂ってしまう。
そして、どんなにウォーターサーバーの水を飲んでも、喉の渇きが治まらなくなるのである。

このまま放っておくと、細胞内には水がたまり続け、体がむくんでいく。
これが「水中毒」の状態である。
1日に5リットル、重篤な場合だと10リットル以上の水を飲み続けてしまう人もいるのです。

脚のスネなどを指で押した後、指を離して跡が残るようなら、それはむくみが出ている証拠である。
この場合、水分の摂りすぎを懸念したほうがいい。

水を飲みすぎた体は、体内で無駄なエネルギーを使い、活力を失ってしまう。
水を取り込みすぎた細胞はパンパンにふくれあがり、伸縮能力を失ってしまっているのです。
水中毒は悪化すると、悪心、嘔吐、けいれんなどが起こり、最悪の場合は昏睡状態に陥って、死に至ることまであります。
「何事も、過ぎたるは及ばざるがごとし」なのである。

一日当たり、ウォーターサーバーなどから飲んで良い水の限界量は、3リットルであると言われています。
それを超えて飲むと、上記のような事態を引き起こしかねないので、注意するようにしてくださいね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ