浄水器の選び方

ウォーターサーバーに色々な種類があるように、浄水器にも色々なタイプがあるが、塩素、トリハロメタンなどの有害物質を取り除く機能を持つ物であることは、大体において共通しています。
簡単に分けると、水道の蛇口に直接取り付ける型と、据え置き型がある。

また、有害物質の濾過方法としては、活性炭で吸着するもの、ろ過膜で濾すものに分かれる。
かつては大半が活性炭型でした。
活性炭を満たした層に水を通して、水道水中の塩素や臭いを取り去るのである。

しかし、通水を止めた後に、4時間から2日ほど水を滞留させておくと、細菌が繁殖する機種が多いことが判明した。
多いものでは1mgあたり70万個の細菌が検出されたのだ。
水道水の水質基準の最高限度が100個であることを考えると、空恐ろしい数値である。

当時の厚生省も、これにはクレームをつけていますし、多くの方がウォーターサーバーやミネラルウォーターに乗り換えました。
二段階濾過方式など、さまざまな対策が講じられましたが、以降主流はほかの濾過材、特に「中空糸膜」を使うモノへと移っていった。

中空糸とは、ポリエチレンとポリプロピレンでできた、マカロニ状の糸である。
これを熱にかけて引き延ばすと、0.1μm~0.01μmの小さな穴が重なった中空糸膜ができる。
これらの極小の穴が、通水時にはもちろん、硝酸性窒素や雑菌類、鉛も取り除く。

現在でも、濾材の中で、一番信頼性の高いモノだと思われる。
このほかの濾材には、セラミックや逆浸透膜などもアリ、複数の素材を組み合わせたものが多いようです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ