進むウォーターサーバー・浄水器の普及

東京全域で高度浄水処理が導入されたことから、東京都水道局は水道水をペットボトルに入れて売り出すようになった。
「東京水」と名付けられたこの水は、いかに東京の水道水が安全で、しかも美味しくなったことを知ってもらい、東京都民にもっと水道水を飲んでもらうためのアピールに使われている。

確かに、飲んでみると嫌な臭いは全くない。
高度浄水処理の効果を感じさせるには十分である。
とはいえ、「水道水は塩素が入っていてカルキ臭い」という、一度ついたイメージを払しょくするのは大変である。

もし、払しょくできたところで、市民が再び水道水を飲料として飲むかどうかは、はなはだ疑問である。
というのは、人々が飲料水に求めることは、もはや「安全」ではなく「健康」や「美容」「味の良さ」だからである。

日本食は軟水で調理、西洋料理は硬水で調理するなど、合う料理を見極めて水の種類を使い分ける人も出てきている。
今、水に対して消費者は「安全」+αの質を問うようになっているのである。

世論調査では、水道水をそのまま飲むと答えた人は半数以下にとどまり、残りの人は沸かして飲んだり、水道水はいっさい飲用せず、ウォーターサーバーを利用したりしている。
さらに浄水器を使っていると答えた人が3割強いたことも注目です。
浄水器はいまや家庭の必需品と言ってもいいだろう。

浄水器は今や簡易なモノから機能水をつくれるものまで、種類も多種多様となり、多くの企業が参入している巨大市場となっている。
しかし、その品質は実のところ、まちまちなのである。
ほとんど効果のない危機を高額で売りつける悪徳商法も後を絶たない。
それを受けて、今では浄水器に「家庭用品品質表示法」が適用され、品質や機能を正しく表示することが義務付けられるようになった。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ