クリクラで使われているミネラルウォーター

クリクラの原水として使われている水について、特にホームページ上では言及されていませんが、水から不純物を除去しているという説明の中に、環境ホルモンやカルキ臭などがあることから考えて、いわゆる水道水を使っているものと考えられます。

クリクラは、アクアクララと同じく原水をろ過してピュアウォーターにしてから、ミネラルを加えるという製法を採用しているため、原水にこだわりがないのかもしれません。
ただし、アクアクララのろ過の工程が3段階に分かれているのに対し、クリクラのろ過の工程はホームページを見る限りRO膜の1段階のみです(前処理、後処理は別途あります)。

RO膜とは、アクアクララのところでもご紹介しましたが、穴の大きさが1~2ナノメートルと非常に小さく、水以外の不純物はほぼ通過できないろ過膜のことで、不純物のほとんど混ざっていないピュアウォーターの生成が可能となります。

クリクラではこうして生成した純水(ピュアウォーター)に4種類のミネラル(カルシウム、カリウム、ナトリウム、マグネシウム)をバランスよく加えて、飲みやすい軟水に仕上げているというところもアクアクララと一緒ですね。
その後、UV殺菌にて製品水には熱をかけずに紫外線により殺菌し、充填直前に最終ろ過をして完了です。

充填・密封を行うのは、クリーン度クラス100のクリーンルーム内で、厳重に管理、製造されたクリクラウォーターは、洗浄・殺菌を終えたばかりの空ボトルに次々と充填・密封されて行きます。
クリーンルーム内で充填・密封されたクリクラボトルは、最終検査を目視で行い、少しの異常も見逃しません。

また、品質管理や検査を行う専門施設「クリクラ中央研究所」では、原材料から製品になるまでの生産工程を分析し、更なる安全性を追求しています。
微生物検査室では、各プラントで製造されたクリクラウォーターが飲料水基準を満たしている事を確認するほか、製造工程ごとに設定している水質管理値が守られていることも確認しています。
ボトル検査室では、使用しているボトル材質の温度,薬品,紫外線などに対する、耐久性あるいは耐衝撃性に関する基礎データを調査するほか、クリクラウォーターを長期間保管された場合を想定した負荷試験によりボトル材質からの微量溶出量を測定し、製品の安全性を確保します。
そのほか、サーバー検査室や官能検査室、理化学検査室による検査によって、水質の維持に努めています。

同じピュアウォーターを選択するなら、アクアクララのほうがろ過の工程も詳しく紹介されていますし、安心して飲めるように思うのですが、皆さんはどう思いますか?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ